毛筆・硬筆の違い

大澤流書道教室

090-1463-2631

〒406-0807 山梨県笛吹市御坂町二之宮1509

定休日 土曜日(その他、不定休あり)

毛筆・硬筆の違い

毛筆・硬筆それぞれの魅力

違った特性があり、興味をもって学べる

墨を摩る

山梨で書道の習い事に最適な大澤流書道教室では、毛筆と硬筆の両方の指導を行っています。
毛筆とは筆と墨を使って書くことで、硬筆とは鉛筆やボールペンなどペン先の硬い筆記具を使って書くことを言います。
毛筆が上手く書けるから、硬筆でも同じようにできると思っていても、なかなか一筋縄ではいかず、その逆もしかりです。
書き方一つをとっても、それぞれまったく違った特性があるため、興味をもって学んでいくことができるでしょう。
山梨で書道の習い事に最適な当塾は毛筆・硬筆の指導を行いながら、その魅力もしっかりと伝えていきます。

山梨の当塾が紹介する「毛筆の魅力」

真剣に字を書く少年・少女

山梨で書道の習い事を考えている皆様に、当塾が毛筆の魅力を簡単に紹介します。
毛筆は、墨汁を使えば誰でもすぐに書き始めることができますが、毛筆の所作から覚えるために硯で墨を磨(す)る時間は大切にしたいところです。
磨り方や水の扱い方、濃度の調整など、書き始める前段階にはいろいろと学べることが多く、人によって墨の出来に差異が出るあたりも興味深いと思います。
墨を磨る時間は心を落ち着かせ、墨の香りに癒されることもあるでしょう。
山梨で書道の習い事に最適な当塾で毛筆の技能が向上すれば、硬筆も上手くなる方が多いです。

山梨の当塾が紹介する「硬筆の魅力」

一生懸命字を書く少女

山梨で書道の習い事を考えている皆様に、当塾で学べる硬筆の魅力を紹介します。
硬筆とは前述したように、鉛筆やボールペンなどペン先の硬い筆記具を使って書くものです。
近年はパソコンで仕事をすることや、学校ではタブレットを使用する機会や試験でもマークシートでの記述が多くなっていますが、子供の頃からキレイに字が書けるようになれば、社会人になってからも損することはありません。
山梨で書道の習い事に最適な当塾では、筆記具があれば誰でもすぐに始められますし、丁寧な指導で美しい字が書けるようになります。

毛筆・硬筆それぞれの学び方

山梨の当塾では礼儀作法や集中力も身に付く

習字を教わる子供

書道には、書の道を極める意味というがあり、美しい字を書く目的だけでなく、礼儀作法や集中力が身に付きます。
山梨で書道の習い事に最適な大澤流書道教室は、こうした学びの場として、たくさんの方が通われています。
また毛筆、硬筆はそれぞれ学び方が大きく異なるため、ニーズに合わせてどちらか一方を選ぶことも可能です。
例えば学校で書道の授業があるようなら硬筆を習い事の中心にして、授業の予習として毛筆も学ぶのが良いかもしれません。
趣味の一環としてコンクールや作品展への参加を考えておられる方も当塾は歓迎しています。

山梨で書道を教える当塾の「毛筆の学び方」

様々な筆

山梨で書道の習い事に最適な当塾の毛筆の指導では、筆の使い方をはじめ、文字の構造の理解、墨の磨り方、水の扱い方、濃度の調整など、その他にも様々なことを教えています。
特に重要になるのは、鉛筆にはない運筆が必要となる筆の使い方です。
中でも運筆の違いが明確に現れるのが、右払いです。
硬筆ならば、右払いも左払いも同じように書くことができますが、毛筆は区別する必要があります。
美しく、そして思い通りの字の形になるように、どのように筆を動かしていけば良いかということから、山梨の当塾ではしっかりと学んでいきます。

山梨で書道を教える当塾の「硬筆の学び方」

カラフルな鉛筆

パソコンやタブレット、スマホの生活が中心だとしても、鉛筆やボールペンで文字を書く機会は必ず出てきます。
そうした時に美しい字が書けるあなたであれば、周囲から一目置かれる存在になるでしょう。
山梨で書道の習い事に最適な当塾の硬筆の指導では、文字の骨格を学ぶことを重要視しています。
「横画は右上がりに書く」「字の中の隙間が均等になるように書く」といったテクニックを吸収することはとても大事ですが、これらを身に付けるためには文字の骨格のメカニズムを知る必要があり、それを覚えずして美しい字は書けません。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

〒406-0807 山梨県笛吹市御坂町二之宮1509
定休日/土曜日(その他、不定休あり)

〒406-0807 山梨県笛吹市御坂町二之宮1509
定休日/土曜日(その他、不定休あり)

TOP